入社したらいきなり経営企画、どぎまぎし続けています。

2017/04/14

二戸 大輝
経営企画室

初めてのブログで緊張しています。 2月に入社した二戸と申します。
入社してから2ヶ月経ち、ブログの順番が回ってきました。 最初のブログなので、簡単な自己紹介とエバーセンスに入社して思ったこと、今の仕事など書いていこうと思います。

自己紹介

二戸と書いて「にと」と読みます。そのままですが、「にのへ」と読む地名があるので間違われることがあります。この苗字から、DD(double door)というあだ名が入社初日につきました。 みんな「Dさん」と呼んでくれています。
出身は山形県です。芭蕉が寝泊まりしていた家や分水嶺があります。
冬は白鳥が飛んできます。緑豊かな、穏やかな地域です。 大自然に18年間育まれたのに、高校卒業と同時に東京へ。
ミュージシャンをしたり、作曲をしたり、WEBサービスを立ち上げたりといろいろありながら、エバーセンスにたどりつきました。

家族は、妻と娘の3人暮らし。離れて暮らしていますが、祖母と父と妹。あとマロンという猫もいます。猫好きです。

マロンは東京で拾って実家に引き取ってもらいました。僕は「ちゃとら」という名前を付けたのですが、いつの間にか「マロン」になっていました。

自分でいうのもなんですが、あまり動じないです。しかもあんまり顔に出ません。なので、猫の名前がちゃとら→マロンになっても、自然と受け入れられます(笑)

僕から見た、エバーセンスはこんな会社

基本的に動じない僕が、『とんでもない会社に入ったなぁ。(良い意味で)』と思うような会社がエバーセンスです。
入社してまず思ったのが、みんな明るい。いつもどこかで笑い声が聞こえてきます。

でも、仕事モードになるといきなり静まり返る。オンオフの切り替えが凄いです。
入社して右も左もまだわからない時は、心の中で「まじかー、なんだこのオンオフの瞬間切り替え」と心の中で叫んでいました。(今だから言えます)

そんな日々とは別に、とんでもない会社(しつこいですが良い意味で)だと感じたエピソードは2つあります。

節分

1つ目は豆まき。
2月某日、掃除の時間(毎週金曜にあります)に、音楽が鳴りだしたと同時に、いきなり鬼が現れ、豆まきがはじまりました(どこで準備してた?)。
詳細はこちらのブログをご確認ください。

席がフロアーの端っこということもあり、最初は何が起こっているのかわからず。

写真を見て頂ければわかるように、ただただ、呆然とするしかなかったです。強烈でした。
その日の帰り、僕の靴に豆が1粒入っていました。
そっと捨てました。

捨てながら「入社3日目・・・これはやばいぞ」と心の中でつぶやきました。

バレンタインデー・ホワイトデー

2つ目はバレンタインデーからのホワイトデーにかけての一連の流れ。
バレンタインデーの詳細は「男たちよ、女子からの愛を思い知ったか」をご覧ください。
ホワイトデーの詳細は「水天宮とジャカルタのあいだーbiru」「水天宮とジャカルタのあいだーmerah」を見ていただくとよくわかります。(ホワイトデーのブログはbiruの方から読んでくださいね。)

バレンタインデーのときは、
「えっ、いきなりチョコもらうの?」

ホワイトデーのときは、
「まじでジャカルタいっちゃうの?!手作りチョコの領域超えてますよね?」
と、頭の中に浮かんではかき消され。動じない僕があたふたしっぱなしでした。

たまたま2月はイベントが多かったこともあり、最初は驚きの連続でしたが、今は少し落ち着いています。

そんな僕は今、エバーセンスでこんな仕事をしています


▲僕の席です。すっきりとした環境で、社長にすすめられた(少し強制されたような…)バランスボールに乗りながら画面に向かいます。

ジェットコースターに乗ったときのようなドキドキハラハラの気持ちで毎日過ごしている僕は、入社と同時に立ち上がった「経営企画室」で仕事をしています。

「これ」という仕事は決まっていません。事業課題の改善や新規事業、会社全体の課題を改善する為など、構想を練り実行します。手もばっちり動かします。僕も毎日手も頭もフル稼働です。

僕はエバーセンスでどぎまぎし続けてますが、ご機嫌ですよ。


▲経営企画メンバーとチーム飯に行った写真です。

経営企画室のメンバーは、みんなフロアーの片隅でコツコツ、気持ちはゴリゴリ毎日働いています。びっくりすることも多いですが、娘と会う時間も作りながら、僕もご機嫌です。

そんな経営企画室では、新しいメンバーを募集しています!詳しくはこちら!

「家族を幸せにするサービス」を創造するために。経営企画室メンバー募集中!