エバ制度

会社の制度をつくる考え方

エバーセンスの組織ビジョンは、「エバーセンスのみんなが、ご機嫌に活き活きと人生を楽しむ」こと。会社の制度もすべてはこのビジョンに基づき、つくられています。

 

何が「ご機嫌」かは、一人ひとり異なるもの。だから、「ご機嫌」な働き方、キャリアの描き方は自分自身で決める、というのがエバーセンスのカルチャーです。会社として、こうあるべきという決まりもありません。一人ひとりが決めた道を、会社は全力でサポートしていきます。

 

そのうえでメンバー全員に共通していることは、「家族を幸せにするサービスをつくる」という想い。その想いを実現するために、それぞれが最高のアウトプットを出せるような場づくりや、安心して仕事に向き合える環境づくりを目指しています。

 

職場環境

セルフキャリアパス

エバーセンスに「キャリアパス」はありません。それは、どんな人生を送りたいか、ライフイベントがいつ起きるかは、ひとそれぞれで違うからです。
セルフキャリアパス制度は、メンバー一人ひとりが半年~数年後まで「こうありたい」と望む姿を描き、会社に提案するものです。そのプランに合わせて業務内容や働く環境を会社としてサポートしています。
また、書籍やセミナーへの参加など、それぞれのキャリアや自己研鑽に必要だと思うものは会社が負担し積極的に取り入れることができます。
あくまで、「個人がご機嫌に生きること」が大切。この考えのもと、個人と会社が一緒に、給与を含めたキャリアパスを描いていきたいと考えています。

 

新規事業の提案

メディアプロデューサーからエンジニア、デザイナーまで、年次・職種を問わず、いつでも新規事業や改善案の提案をすることができます。挑戦することにマイナスはなく、失敗してもそれを次に生かそうというカルチャーが根付いています。フラットに意見を言い合えるからこそ、ワンチームでいいものづくりに向かうことができるのです。

 

福利厚生

パワーランチ

いいプロダクト、チーム作りのために、ランチミーティングで食べるお弁当代を補助する制度です。(1回800円/人、利用上限なし)
プロダクトについて、個人や組織の成長についてなど、お昼の時間もあちこちで会話を重ねています。パワーランチの数だけいいものづくりに向き合うメンバーの姿が見られ、お互いに刺激を与え合う時間となっています。

 

インプット休暇(年2回)

なによりも「いいものづくりをする」ということを大切にしているエバーセンス。より良いものづくりのために、会社独自の休日として年2回の「インプット休暇」を設けました。空いている平日に行きたかった場所に行く、子連れでは行きづらい美術館に行ってみる、人に会ってもいいし、読めていなかった本をひたすら読むでもいい。一人ひとりのインプットが、エバーセンスのいいものづくりを支えています。