家族を幸せにすることで、笑顔溢れる社会をつくる

これが、エバーセンスが目指すビジョンです。家族生活が幸せなら、きっと、人生が幸せに満ち溢れる。だから、私たちは、「家族を幸せにするサービスを作る」。

サービス作りに集中し、利益をあげる。その利益で、さらにいいサービスを作る、働く仲間の収入を高くする、パートナーにいい仕事をお願いする、税金を納める、株主に還元する。

 

会社は誰のためにあるのか、と聞かれても、わかりません。社会のため、仲間のため、ユーザーのため、自分自身のため。

なぜ働くのか、と聞かれても、わかりません。社会のため、仲間のため、ユーザーのため、家族のため、自分自身のため。

 

30代前半まで私は、「会社は社会の公器。社会のために、誰かの役に立つために働く。人間は誰かの役に立つために生きている。だから、働くことは生きること」と考えていました。

間違っていないし、今でもそう思っています。だけど、それだけじゃない。世の中の仕組みや人間の心理は、もっと複雑だなぁと思って、わかったようなことを言うのはやめました。

 

だけど、「家族を幸せにするサービスを作る」ことで、きっと関わる人をみんな幸せにできる。

シンプルに、泥臭く、いいサービスを作り続けていきます。

 

代表取締役社長 牧野哲也