妊娠初期に胸の張りがなくなった原因は?張らなくなったらどうすべき?

妊娠初期症状として胸の張りを感じていたとしても、突然張りがなくなるケースがあります。症状が急になくなると、「赤ちゃんに何かあったのかな」と不安になるかもしれませんね。

そこで今回は、妊娠初期に胸の張りがなくなる原因について詳しくご説明します。

妊娠初期は胸が張るもの?

胸 乳腺 乳管 乳頭

胸の張りは、一般的に妊娠初期症状のひとつといわれています。

妊娠すると女性ホルモンの分泌が多くなり、乳腺や乳管が活性化することで、生理前と同様、もしくはより強い胸の張りを感じる場合があります(※1)。

妊娠成立後すぐに胸の張りや他の妊娠初期症状が出る人もいますが、ホルモンの分泌が盛んになる一般的には生理開始予定日を過ぎたあと(妊娠5~6週頃)から症状が現れはじめる人が多いといわれています。

妊娠初期に胸の張りがなくなる原因は?

女性 胸 張り 乳房

胸の張りを「妊娠の兆候かも」と感じていた人や、すでに妊娠が判明している人は、突然張りがなくなると心配になりますよね。

胸の張りがなくなることは、体質なども関係していて決して珍しいことではありません。一時的になくなり妊娠中期頃に乳腺が発達して張ってくる場合もあります。

妊娠初期症状の有無や程度、開始時期には個人差が大きいので、妊婦健診で特に医師から指摘がなければ、心配しすぎないでくださいね。

ただし、胸の張りの他につわりなどの妊娠初期症状が急になくなる原因の一つとしては、流産の可能性が考えられます。

妊娠初期の流産は、全妊娠の15%前後に見られ、妊娠12週未満の早い時期での流産が8割以上とされています(※2)。

妊娠初期の流産は胎児の染色体異常が原因であることがほとんどで、妊婦さんがどんなに気をつけていても防げるものではありません(※2)。

妊娠初期に胸が張らなくなったらどうすべき?

日本人 女性 考え事 悩み 不安

まだ妊娠が確定していない場合は、生理前に起こる胸の張りがおさまった可能性があります。妊娠しているかどうかは病院で妊娠判定をするまでわからないので、心配しすぎずに様子をみましょう。

妊娠が確定している場合でも、胸の張りがなくなっただけで流産と言い切れるわけではありません。

胸の張り以外に、生理の時より多い出血やひどい腹痛など、他の流産兆候があれば、病院を受診してくださいね(※2)。

妊娠初期に体調の不安があるときは産婦人科へ

日本人 女性 医師 診察 病院

妊娠初期は、ホルモンバランスが急激に変化し、体や体調にさまざまな異変がある時期です。

ささいなことでも体調に不安があるときは、遠慮せずに産婦人科で相談するようにしてくださいね。

もし、毎日の体調変化に不安やストレスを感じるときは、妊活中から使える無料妊娠アプリ「ninaru」を使ってみて欲しいと思います。

ninaruの特長は、最終生理日を登録すると、今現在の赤ちゃんの状態や体調に関するメッセージが毎日届くこと。メッセージはすべて産婦人科医が監修しているので、正しい情報を簡単に知ることができます。

▼ninaruのダウンロードはこちら

ninaruの機能

ここからはninaruの主な機能をご紹介します。

毎日更新されるイラストとメッセージ

HOME 5w ninaru スクショ
HOME 5w ninaru スクショ

妊娠0週0日の妊娠前から出産まで、お腹の赤ちゃんが今どんな様子なのか、どのくらい成長しているのかがわかるイラストと、産婦人科医監修のメッセージが毎日届きます。

メッセージでは、妊活・妊娠中の症状や注意点、アドバイスなどをわかりやすく説明しています。

気になる症状は「さがす」で検索できる

インプランテーションディップ ninaru スクショ
この時期に気になるのが、妊娠初期症状。妊娠初期症状は個人差があり、妊婦さんへのアンケート結果でも胸の張りを経験した人もいれば、まったく症状がなかった人もいます。

この他にも、ninaruの「さがす」では妊婦さんへのアンケート結果に基づいた記事や体験談などが多数あります。記事は3,500記事以上あり、その多くが産婦人科医監修の記事なので正しい情報を得ることができます。

調べたいことがあったとき、いつでも簡単に知りたい情報に辿り着くことができますよ。

他の人はどうだった?
「妊活・妊娠体験談」

体験談 4w ninaru スクショ
妊活・妊娠中は、同じような症状を経験した人の体験談が気になりますよね。

ninaruでは妊娠週数に応じた他の妊婦さんの体験談を毎日配信しています。「自分と同じ症状を感じた人はいるのかな?」など不安になった時に参考にしてみてくださいね。

他にも、「ninaru」には妊娠中も使える便利な機能が満載なので、妊活中から出産までずっと使えます。ぜひ、活用してみてくださいね!

▼ninaruのダウンロードはこちら

監修医師:産婦人科医 藤東 淳也

産婦人科医 藤東淳也先生
日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長。専門知識を活かして女性の快適ライフをサポートします。

※1 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第4版』p.38
※2 日本産科婦人科学会「流産・切迫流産」

記事一覧に戻る