今更ですが、4月1日に「エバーセンス流の入社式」やりました‼

2019.04.26

前澤 宏和
コーポレート

エバーセンスファンのみなさま、そしてこのブログが初めましてのみなさま、こんにちは。

エバーセンスで人事を担当している前澤です。

突然ですが、昨日未明にこんなブログがリリースされました。

「うちの前澤がなかなかブログを公開しない理由を考える」

このブログは、「あとは公開するだけ・・・という手前まで書き上げたブログを公開せずに1ヶ月以上放置していた僕」を見かねたデザイナーが「早くブログを公開しろ」というメッセージを込めて書いてくれたブログです。

正直、10mほどの距離に座っているので、あえてブログ経由で伝えられたことにびっくりしていますが、まぁ、一旦それはいいとして。

まず、上記のブログへの回答といいますか、結論から言わせてもらうと僕がブログを公開しなかったのは「WordPressさんのボタン」が押しにくかった」とかではないです。

どちらかといえば、WordPressさんのボタンは押しやすいし、その他の機能も目立ちすぎず、かなり使いやすいUIではないか?とすら思っています。

では、なぜ、公開しなかったのか?

その問いには、アンサーブログという形でそのうち回答するつもりです…。

さて。

今更ではありますが、4月1日に行った入社式のブログを公開したいと思います。

入社式の翌日に書いたので、ぜひ「できたてほやほや感」と「入社式当日の勢い」を一緒に味わってみてください!!


みなさんこんにちは!

人事の前澤です。昨日4/1に入社式を行ったので、早速ですがその様子をお伝えしたいと思います!

エバーセンスの新卒は1名!その名は「ちょる」

知らない方のために紹介しておくと、今年のエバーセンスの新卒は1名です。

彼の名前は伊東哲宇(いとうよしたか)、ソウル生まれ大阪育ちの関西人。韓国と日本のハーフであり、ニックネームは「ちょる」。

ちなみに上記の写真は、「”10時に会社へ来て”と連絡をしたところ、会社のそばのベンチに座っているところを出勤中の社員に撮影されたちょる」です。

準備は万全!前日に会場はセット済み

前日の夜にイスを並べたり、お祝い感を出すのによさげ・・・と思って買ったくす玉をセットしたり。入社式の準備は万全です。

そして当日。ちょるの歓迎からスタート!

午前10時05分、チョルの入場です!

続いて、開会宣言と代表牧野からの歓迎のことば。

写真は、歓迎のあいさつをする代表牧野と、MCを務めるエバセンカードマン。わかりにくいかもしれませんが、エバセンカードマンは写真右です。

牧野の言葉

3期目の入社ありがとう。ちょるに伝えたいことが1つだけあります。

人生80歳まで生きるとして、これから60年働くよね。

(60年あると)本当に色んなことがあります。色んな変遷の中でつらいことや楽しいこと、失恋するときとかもあると思う。失恋して仕事が手につかなることも(笑)

誰でもつらいときはどうしてもダークサイドに落ちるてしまうこともあるけど、仲間がそれを支えてくれます。

僕も支えてあげたいなぁと思っています、いいときも、わるいときも、お互い、そんな気持ちでいられたらなぁと思っています。

仕事は楽しく、自分次第で楽しくできるはず。どんな仕事も、自分次第で「いい仲間といい仕事をする」こともです。

自分のスタンス次第で、仲間に感謝しながら仕事もできる。

ちょるにはそんな風に仕事をしてもらいたいなぁと。

最後に。入社してくれてありがとう!

ようこそ!の気持ちを込めて!名刺とマグカップの贈呈

歓迎の気持ちを込めて、新卒3期目にして恒例となった名刺とマグカップを贈呈しました。

そのマグカップでたらふくお茶やコーヒーを飲んでくれ!

続いてチョルの抱負発表

入社式の直前まで約1ヶ月ほど卒業旅行をしていたチョル。入社までに考えていたことやこれからの目標を元気に発表してくれました。

チョルが入社式前に書いてくれたブログはこちら。就活中の思いやエバーセンスへ決めた理由などをつづってくれました。

最後に集合写真をパシャリ

くす玉を引っ張るちょると、全員で集合写真!入社式用にみんなで「エバセンTシャツ」も用意しました!

さ、これから一緒にいいモノづくりしていこう!そして、入社おめでとう!!!

次の日の様子。さっそく頑張ってます

早速、ちょるは営業部で頑張ってます。隣りにいるのは、営業部のハッサン。社内一美容への意識が高い男子です。

番外編

入社式に向けて、みんなでガラスにメッセージを書いたり、くす玉を用意したり、準備する側も楽みながら準備しました!

これは、社員みんなでチョルに向けたメッセージをガラスに描いているところです。桜の花びらの中に1人一言メッセージを書きました!

いやー、我々も楽しみながら準備したり、当日盛り上がったりとこれからが楽しみになる有意義な時間がすごせたように思います。

以上、「エバーセンス流の入社式」でした!