派遣社員から、ごきげん週4正社員に。

2017/05/18

新森 桃子
メディアプロデューサー

はじめまして!
この春からメディアプロデューサーとしてエバーセンスで働いています、新森と申します。
先日の社長ブログで、「週4日勤務の正社員ももちゃん」として紹介していただきました、わたくしです。

「なんじゃそりゃ!具体的にどんな働き方なの?」

と思われた方もいるかなと思い、このブログで少し自分のことをお話したいと思います。

自己紹介

私生活では1年ほど前に入籍し、今は夫婦2人+うさぎ+猫で都内在住。
旦那とは10年の付き合いなので新婚感はあまりありませんが、日々ほのぼのと生活しています。
最近嬉しかったことはゴルフがちょっと上手くなったことで、
ショックだったことは事故ったことです(今は元気)。

新卒でレコード会社に入社し、CDジャケット等、副資材の制作進行業務を担当していました。
とても刺激的かつクレイジーな会社だし、好きな仕事ではあったのですが、婚約を機に5年目で退職。
退職に至った理由としては

  • 婚約相手(現旦那)が転勤族
  • 転勤となった時に、自分の好きな仕事で、フリーでも仕事できる人になっておきたい
  • 激務だったので、新しいことにチャレンジする余裕がない
  • 4年間やりたい仕事ができて満足した(というかマスコミはちょっともうお腹いっぱいだ)し、違うこともしてみたい

→思い立ったが吉日、よし、やめちゃえ\(^o^)/
という思考回路だったように思います。(昔から何事も決断するのが異様に早いです)

その後、知人の小さな会社を手伝いながら独学で勉強。
4年間の拙い経験とツテとハッタリを駆使して、フリーでライターやイラストレーターやレタッチャーの仕事をするように。
とにかくなんでも経験かなと思って、自分にできそうなことがあれば色々と手を出しまくっていました。
昔から「先が見えること」に恐怖を感じる質だった私。
色んなことをやって、思い込みでもいいから、自分の可能性を多く持っておきたかったんです。。
(おかげで「器用貧乏」というレッテルを貼られることになりましたが、そんなに嫌いじゃない!!)

エバーセンスとの出会い

そんな中、2016年に友人と一緒にずっとやってみたかったアクセサリーのウェブショップを立ち上げました。
知人の会社の手伝いにプラスしてフリーランスの仕事やウェブショップ経営という仕事をする中で、
「そんなに忙しくないけど一定収入は入る仕事」+「自分のやりたい仕事」
これが一番自分の中でしっくりくる働き方だ!!と思うようになりました。
理由はこう↓

  • 「自分のやりたい仕事」だけで生計をたてようと思うとプレッシャーで楽しさを忘れがちになる
  • 「自分のやりたい仕事」では常にいろんなことにチャレンジしていたい(=安定とは程遠い)
  • この働き方なら東京にいられなくなったとしてもスタンスを変えずにいけそうな気がする

(自由かつあまちゃんな考えですみません…!)

そんな時に、なんと手伝っていた知人の会社が解散!!・・・解散て!
「そんなに忙しくないけど一定収入は入る仕事」を失った私は、初めて派遣会社に登録。
そもそも派遣がどういうものかわからないまま条件を入力し、「週3/1日5時間からOK/自宅から極近/編集系」
でヒットしたのがエバーセンスでの編集アシスタントのお仕事だったのです(当時は派遣メンバーも募集していたのです)。

初めてオフィスに足を運び、メディアプロデューサーのまきこさんに、エバーセンスについてお話を伺うことに。
まず、「ごきげんに働く」というフレーズに、キュンとしたことを覚えています。
そして、こんなふわっとした気持ちで面接に来た私の話を楽しそうに聞いてくれて、さらには一緒に働きたいと言ってもらえたことがとても嬉しくて、
気付けばその日のうちに握手をしていました。

エバーセンスの魅力

今、社員として働いているみなさんとはちょっと違った形でこの会社にジョインした私。
編集アシスタントとして、「こそだてハック」の記事制作のお手伝いをさせていただくことになりました。
ゆきえさんのブログ「編集アシスタントのおしごと」参照)

まず驚いたのが、エバセン社員の仕事効率性の高さ。
ゆるっとふわっと仲の良い雰囲気の裏では、自分の役割と求められているパフォーマンスをそれぞれがしっかり理解していて、きちんと結果を出している(だからオンオフの切り替えの速さがハンパない)!!
働き始めてすぐ、それが伝わってきました。
そしてなにより、居心地の良さがすごかった。「ヒメ」というあだ名を付けられたときは、「本当は中身オッサンなのにどうしよう」と不安に思いましたが、みんな最初からとってもフラットに話をしてくれるし、とにかく人がいい。
人がいいんです!(本当のことなので2回言いました!)

▲隣の席のかなさんと打ち合わせ中。いつも明るく優しいかなさんに助けてもらっています!

今年の1月、エバーセンス創立4周年記念パーティーがあり、私も旦那と一緒に参加したのですが(社員の家族もみんな参加OKなのです)、彼は「こんな楽しそうな会社が存在するんだなあ…」と唖然としていました。笑
正直な話、最初は「そんなに忙しくないけど一定収入は入る仕事」としてこの仕事を選び、働くつもりでいた私。
なのに働いてひと月もしないうちに、「エバーセンス」という会社が大好きになり、自分もその一員として、何か少しでも結果を出したいと思うようになっていました。

週4正社員が出来上がるまで

働き始めてふた月ほど経ち、記事のライティングにも挑戦させてもらいました。派遣社員なのに挑戦させてもらえることも、自分の仕事を評価してもらえたこともとても嬉しくて、もっと仕事がんばろう!という気持ちになっていました。
そんな時、社長から「ももちゃん、社員になっちゃいなYO」(←実際はもっとちゃんとしたお話でした)
というお誘いを頂いたのです。もっとエバセンの一員になりたい、貢献したい、と思っていた私には、それは有り難すぎるお話。

とはいえ、平日のまる1日はウェブショップ経営を含む他の仕事(と趣味)に使いたいという気持ちは変わっていませんでした。
それに、 週4勤務+他の仕事+家族との時間で1week★ というバランスが、自分の中で確立されてきていたんです…!

何様だろうとは思いましたが、
「週4勤務は譲れないし、副業もしてるので、今のままの勤務形態でお願いします」とお断りをしました。

すると社長は
「よく考えたら週4じゃ正社員になれないなんてフェアじゃないよね。副業についても考えてたところだったから、ちょっと来月くらいまでにそのへんまとめてくるわ!」(←もちろん実際はもうちょっとちゃんとした説明でした)
と言ってくれたのです!

そしてさらに驚くことに、ほんとうに翌月の朝礼で、「正社員の条件と副業について」の発表が!!
私は正式に“週4勤務の正社員”として、エバーセンスに迎えてもらえることになりました。

選べることは、ごきげんにつながる

そんなわけで現在の私は、週4日エバーセンスでメディアプロデューサーとして働きながら、他の3日は、自分の好きなことや、家族のために費やしています。
私の働き方は、
「そんなに忙しくないけど一定収入は入る仕事」 + 「自分のやりたい仕事」から、
「いい環境で精一杯頑張れる楽しい仕事」 + 「自分のやりたい仕事」に変わりました。

うーむ、ごきげんです。

旦那の転勤は少なくとも3年後くらいの予定。その頃にはもしかしたら子供がいたりするのかもしれません。
その時、仕事を辞めるのか?働き続けるのか?先のことはわかりません。でも、私はそのほうが安心します。

「選べる」ことはときどき「選べない」ことより大変だったりします。
選んだからこそのプレッシャーも、少なからずあります。
でも、自分で選択したことだからがんばれるし、ごきげんに仕事ができる。そう思っています。

こんな私を受け入れてくれたエバーセンスに、感謝感謝です。
それから、わたしのすべてに理解を示してくれる旦那にも。
いま膝で眠っているかわいいかわいい愛猫と愛兎にも!

ちょっと自己紹介とか言いながら、とても長くなってしまった!ごめんなさい!!
こんなわたしですが、これからもエバーセンスの一員としてがんばっていきたいと思っています!