エバセン引っ越すってよ(完了編)

2017.06.28

鈴木 満明
デザイナー

みなさんこんにちは。
鈴木です。

この前、久しぶりに実家に帰ると、居間のど真ん中に緑のネオンカラーの座椅子(腹筋できるやつ)が堂々とおかれており、親の美的センスの無さと同時に、そこで育ったぼくのデザイナーとしてのキャリアの限界も感じ取った、、、鈴木です。
さて、ぼくの実家のインテリアの話はどうでもいいですね。毎度すみません。
本題です。

無事、引っ越し完了しました。

先日、実はエバセン、引っ越しました。(移転、準備編はこちら
今回はそのオフィスがいったいどんなものになったのか。このブログで報告しちゃいます。

下の画像は、新しいオフィスに初出社する皆さん(初めてオフィスを見る顔!)。

どうですか、この表情。とてもいい顔ですね。
ほんと、とてもうちらしいオフィスができたんです!

エバーセンスを空間で表現したら、まさにこんなのっていうモノができたのです。
内装デザインや施工に力を貸してくださったトレイルヘッズさん、改めてありがとうございます!

で、いったいどんなオフィスになったのか。
これ以上話すと「スーさん、またよがってますよ」って誰かに言われそうなので、
僕の語りはこのへんにして、ここからは写真を中心に。

 

 

ぼくたちのご機嫌ゆるふわオフィス。


エントランスからは、エバセンの象徴のカウンターが丸見え。お、これはイケメンエンジニア、じゅんきくん。ご機嫌そうだねぇ


自然に人が集まる、キッチンカウンター。差し入れのお菓子がいつもあってみんな集まってきます。
たまにママ特製のぬか漬があるのですが、それが最高。食べ過ぎ注意です。
ちなみに、ここは朝とお昼だけ音楽が流れています。


会話が弾む、良い距離感のカウンター。みんなでランチ。


新しいオフィスでは緑をたくさん置きました。植物はレンタルでもなくフェイクでもないです。
自分たちでお世話しています。写真手前の前澤くんが、植物係代表(CGO:chief green officer)です。

 
オープンでフラットな空間。全体的に家具の高さを低くしてもらいました。抜け感最高です。


イベントやパーティーもできます(写真は先日開催した移転記念パーティー)。

 

ゆるふわだけじゃない。結果にこだわって、ストイックに働く。


ゆるふわだけじゃー、ご機嫌に働き続けれません。ちゃんと結果にこだわって戦えるオフィスでもあります。
写真はマーケティング部のMTG。成長曲線が直角のハッサンが、何やら提案中。

 
今日もイヤホンをつけ、もくもく作業する新卒入社のコーギー。彼はここで作業するのが好きみたい。


32インチのモニター✕ Mac Air。 いつもスタンディングスタイルのメディアプロデューサーのケイタさん。フラミンゴか!とツッコミを入れようと思いましたが、超集中してるのでやめました。


これはこれは、重鎮方々。ここは自然に雑談が生まれる空間です。組織の意思決定が早いオフィスにしたかったので、この光景はうれしい。


一番遠くに見えるのはデザイナーpopさん。彼は何かアイデアを考える際はここで作業するみたい。武将にみえますね。


にいにいさん、穴の中でマンガ(たぶん会社の課題図書キングダム)を読んでます。
ここ通称parkと言うのですが、parkには、たくさんのマンガがおいています。最近また増えてきた。

 

この場所で、ユーザーに喜ばれる「良いものづくり」をする!

引っ越し初日の朝会で、代表の牧野さんが言いました。
「この場所で、ものづくりに向き合おう」と。

僕もその通りだと思いました。
僕らは、これまで同様、「浮かれず、地に足をつけ、泥臭く」サービスを使ってくれるユーザーや家族に向き合いたいと思ってます。
頑張るぞ!!

最後に集合写真(このオフィスでもたくさん撮るだろうなぁ)。
みんなご機嫌だなぁ。


ps:広報のあすかさんは、新しいオフィスでも超ご機嫌に、撮影の邪魔をしてきます。

 

おわり